読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱サラ☆アラサー女子のJourney to Jeweler

ジュエラー修行でNY留学中のアラサー女子の記録

ものづくり女子が学ぶべきcharaのミュージシャンという仕事への考え方

エッセイ

何気なくアナザースカイの

charaゲスト回(舞台はニューヨーク!)を見たら

ものづくり女子に

ぐはっっっとくるお話をされていました。

めっちゃおすすめです〜!元気でます。

 

私が心ぶるぶるした部分をご紹介します。

 

f:id:sinkypooh:20161222120205p:plain

私はミュージシャンが1番かっこいいと思ってるんです

 

まず自分の仕事を一番かっこいいと

思っているのがかっこいい。 

 

f:id:sinkypooh:20161222120835p:plain

ある種バカじゃないですか自分で曲作って

 

ほんとそう。

ものづくりなんてバカじゃないとできない。

だって下手くそですもん、最初。

これがモノになるのか、とか

考え出したら何もできない。

 

f:id:sinkypooh:20161222120917p:plain

好きな人から作ってもらったら

嬉しい人も多いと思うけど

「気持ち悪い」っていう人もいるでしょ?

背中合わせなもの

 

まさに。音楽に限らず

何かを表現しようとすると

気持ち悪いまではいかなくても

アイタターと思われるくらいは全然ある。

そこにチューニングを合わせちゃうと

何もできなくなっちゃうから

気にしないように、

批判の存在を知らなくて済むようにしてます。

 

 

はい次、一番大事なこと!!!!!

f:id:sinkypooh:20161222121002p:plain

自分がまず信じてあげて

「これいいだろ?」って聴かせる勇気とか・・・

 

自分がまず信じてあげる。

これしかない。

本当にそう。

最初は全然反応なんてない。

それでも、いい!と胸を張ってみせること。

そうできる物を作ること。

 

 

 そうすれば

f:id:sinkypooh:20161222121025p:plain

誰かが「いいね」って言ってくれる人が増えていく

 

あのcharaですら、

最初は反応のない中、

自分だけが信じて

物を作ってたのかと思うと

勇気が出ます。

 

いいねって言ってくれる人たちに出会えるまで

自分と自分が作ったものを信じて

頑張りましょ^^

 

本編はこちらです!

紹介したコメント以外にも

素敵なシーンやお話がいっっっっっぱいです。

ブルックリンの教会、クリスマスに行っちゃおうかな!


アナザースカイ2016年11月25日Charaがニューヨークを訪れる  20161125