読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱サラ☆アラサー女子のJourney to Jeweler

ジュエラー修行でNY留学中のアラサー女子の記録

レンダリング8:セットジュエリーの描き方

レンダリング、あと2回でした!笑

 

最終回は卒業制作のプレゼンテーション。

 

課題は『セットジュエリー』。

 

ネックレスはマストで、

それにプラスして

イヤリングやリング、ブレスレットなど、

2個以上のアイテムを

1組としてデザインします。

 

今回は、つける人を

各自で設定しなければなりません。

 

例えば前回のクラスでは

ミシェル・オバマのための

ジュエリーをデザインした生徒がいたそう!

誰もが知っていて、かつ、

ストーリーがつくりやすそう!

ナイスアイディア!!

 

クラスメートからは

レディ・ガガなんて

声もあがってました。

オーダーされたわけでもないのに

考えるだけで

なんだかウキウキしますね!笑

 

今日は卒業制作にむけて

セットジュエリーの描き方を教わりました。

 

f:id:sinkypooh:20170413130322j:image

 

向かって左がモノだけのもの、

右が人をベースにしたもの。

どちらでも好きな方を選んでオーケー。

 

並べて一枚絵にすると迫力ありますね!

 

加えて、オーダージュエリーを

デザインするにあたり

考慮しなければならないことも学びました。

 

オーナーの年齢顔のカタチはもちろん、

イベント内容

つける場所の光量や風の強さなんかも

ポイントです。

 

重い課題ですが、

わくわくします!

まずは人を考えなくちゃな〜!

よきアイディアあったら

こっそり教えてください!笑