読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱サラ☆アラサー女子のJourney to Jeweler

ジュエラー修行でNY留学中のアラサー女子の記録

他の誰でもない、自分になる:ジュエリー界に足を踏み入れて改めて考えること

こんにちわ、綾野です。

 

近頃、新しいスタジオに通い始めたり

sinkypooh.hatenablog.com

 

先輩ジュエリーデザイナーの

お手伝いをさせていただいたり

 

 

「ジュエリー」を通して

新しい世界をたくさん

見せていただいているな、

という毎日を送っています。

 

 

一言ジュエリーといっても

その幅広さ、すごいんです。

 

Chie先生のところでは

①アートジュエリー

と言われる

アート寄りのジュエリーの考え方、

世界を教えていただいていますが

ここは

自分の想いや思想を表現すること

が求められる世界。

 

それに対して

 

奥田さんのお手伝いでは

②ファッションの中のジュエリー

の世界を垣間見れます。

ここはより商業チックというか

世の中の空気感をひろうことを

求められる世界。

 

ファッションとジュエリーって

近いようだけど

作り方のノリが全然違うんですよ。

 

その時の空気をうつし出す瞬間的なファッション

資産ともなる永久性を持つジュエリー

 

作るものの特性の違いで

作る人にも違いが現れます。

 

ファッション界の方のノリは

広告界のノリに近い感じ。

スピード感、感の良さが大事。

※デザイナーの指示で

  さくさくパターンをつくっていく

  デキる女性。ごいすー。

f:id:sinkypooh:20170418075015j:image

 

なのでコーディネートの中の

ジュエリーを作る人は 

同じノリが必要なんです。

 

もちろん③ファインジュエリー

theジュエリーな

ヴァンクリやティファニーの世界もあります。

ここの方のノリは

ジュエリー狂というか

もう24時間ジュエリーです!

傷1つ許さない!細かさ、命!

っていう感じ。

 

 

 

こうやっていろんな世界を見て

その世界のすごい人たちを見ちゃうと

 

昔からの悪い癖で

 

その人たちに

認められたくなっちゃうんです。

 

なのでその人たちに

近づこう、考え方を憑依しよう

って自然としちゃうんです。

 

でもね

 

もうこの癖はやめようと思うんです。

 

 

前職が続かなかった、

いろんな理由の一つとして

 

褒められたい、認められたい

が先行して

 

結果すごく無理しちゃった

本当の自分から

すごく遠いところに来ちゃった、

っていうのも大きいと思っています。

 

ジュエリーはじっくり自分のペースで

自分がやりたいと思うことをしたい。

 

そのために、

誰に何を思われてもいい、

自分の信じることを信じるっていう

本当の強さを身につけようと

この週末、結論づけました!

 

なんでジュエリーがいいと思ったのか

この気持ちを忘れないようにします!

note.mu

 

と、なんだか流されそうになってしまったので

ブログをかりて決意表明 笑

自由の女神の写真でお別れ♩

f:id:sinkypooh:20170417223723j:plain